2004年11月18日

アンカツ退院

アンカツが退院、23日笠松で復帰

JRAでの騎乗は27日からですが、その前に笠松で復帰っていうのもうれしいですね。

アンカツ、アンミツ兄弟顔合わせレースですよ!!
これは、現場で見ないといけません。

全日本サラブレッドC、レース後は『笠松競馬を未来につなげる集い』が笠松駅から徒歩5分ほどの笠松中央公民館で開催されます。
こちらに安藤騎手も参加されるそうです。ソースはこちら
お時間都合のつく方は、ご参加を。(笑)

23日は祝日ですので女性は笠松競馬場入場無料です。

先着2500名になれば、スモークチーズももらえます。
笠松競馬で配布される県産品は、とってもおいしいです(笑)
絶対ゲットしてくださいませ。

アーンド明宝ハムが抽選で当たるみたいです。
これは、めっちゃ美味いです。
一味入れたマヨネーズつけて食べたら、もうあなた天国気分ですよー。
続きを読む


posted by かれん at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬場行こう!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと一歩

 ライブドアが笠松競馬支援「存続へ希望持てる」 
中日新聞(一面に出ていました。)


 笠松競馬 存続に光 
岐阜新聞


笠松愛馬会さんの記事にも書いてありましたが、笠松競馬場はほとんど借地なのです。
あの競馬場の真ん中の畑は個人の所有地。

今でこそレース開催日に農作業車が走りませんが、昔はしばしば昼休み中に走ったとか・・・そんなほほえましい?光景説が、私が高校生の頃にはありました。

カサコーと呼ばれる、岐阜工業高校では、「笠松競馬では場内で馬のための野菜を作っている・・・」なんて勘違いをしている学生もいました。(笑)

誘致失敗の名残がそのまま今でも来ているのですが、何度も笠松役場では誘致の努力をしたのですが、「先祖代々の土地をワシの代で売ることはできん!!」というこのあたり特有の土地に対する愛着感かネックになっているようです。
役場としては、かなり説得したようです・・・これは関係者談ですので事実です。

この先、具体的なことが進められるにつれ、色んな問題もでてくることだと思いますが、まずは一歩、進みました。

遠くで見守ること、近くでできること、できる限りの応援をしたいと思っています。
微力ですが・・・

光が見えてきてよかったです。


続きを読む
posted by かれん at 07:48| Comment(1) | TrackBack(1) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。