2005年04月23日

オグリキャップ里帰り

笠松愛馬会さんの記事にもありますが、オグリキャップが一時的に里帰りすることになりました。

これについては、色々すったもんだあったようです。

オグリキャップが高齢であるということから、長距離輸送に対する健康的なこと。
環境が変わることへの心配。
なにも笠松へいまさら連れて行くこともないでしょう・・・
そんな反対意見がたくさんあったようです。

そもそも現在オグリキャップは、オグリキャップ サポーターズ・クラブ会員にしか公開されていません。
それはなぜかと、言いますと、訪問者のマナーがあまりにも悪いからです。
馬の毛を抜く、馬に触る・・・
安易に近寄ってかじられた人も・・
人馬共々、事故がないようにということで公開を中止したそうです。
(4月23日付け 中日スポーツコラムより)

29日にオグリが帰ってきます。
マナーをわきまえて、あいにいきたいものです。


posted by かれん at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬場行こう!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笠松その後

先日の新聞記事によりますとかなり赤字は縮小しているようです。

赤字縮小

そして、葦毛限定レースもあるようです。

葦毛限定レース

今朝の新聞にこんな記事が・・・
公益法人計画

馬産地が一億円支援してくれるようです。
この支援は北海道生産者連盟の藤沢澄雄道議が笠松での会見で明かした話のようです。

この藤沢道議のサイトの掲示板を読んでいき、うーん地元の議員は何してるの?とちょっと憤りを感じます。
なぜに、もっと表に出て活動しようよー、岐阜県議員さん!
笠松支援基金と称して義援金集めたり、HP立ち上げて意見もらったり
馬主会の方もいらっしゃるわけだから・・・
なんて思ったりするのは、短絡すぎでしょうか?

ファンだけではどうすることもできない行政の壁をなんとかしてほしいものです。

来年以降の継続は、本年度の黒字収支にかかっています。

色々な計画があるのですが、ちょっとPR不足では?
馬券をネット販売する計画がlivedoorにもあるのですから、そこを利用しないというのはなんだかなぁと思うのです。
お金使わないで、記事を掲載できるようにする方法はあると思います。

しかも中日新聞でしか、笠松競馬関連の記事をみないような気がします。
気のせいかもしれませんが・・・・・

冠レース開始というのは、ニュースでも流れていました。


花粉症も治まってきたので、ぼちぼち現場へいこうかなぁ・・・
posted by かれん at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬場行こう!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。