2004年12月26日

有馬記念反省と2005有馬へ向けて

有馬記念反省
散りました・・・・(笑)

ミラクルもバルクもだめでした。

ゼンノロブロイというよりも、ペリエ騎手の好騎乗の賜物ですね。
ゲート入る前のあの笑顔は、勝に行くという自身満々の顔でした。


今年は弥生賞から、バルクで始まり、バルクで終わった一年でした。
成績こそ不振でしたが、年度代表馬というのか
競馬を盛り上げ、一番馬券に貢献した存在だったと思います。
地方馬初のクラシック制覇の夢
ジャパンカップへの挑戦。
そして有馬記念。

バルクがいなかったら、ここまで盛り上がらなかったのではないのでしょうか?と言っても過言ではないと思います。

今回は、バルク本来の走りではありませんが
オーナーサイドの意向を守っただけだし。
輸送疲れもあったのでしょう。
来年元気な姿をまた見たいものです。

でも、タップに追走して逃げるバルク見たかったなぁ。

来年の有馬記念予告
今年4着で連に絡みませんでした。
予定では5着だったのです。
ということで来年はきますよ。
馬連、3連複、ワイドの軸にしましょう。
牝馬であれば、なお確立高しです。

参考データ   3丁目にサテンドールはない


posted by かれん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック