2005年02月01日

オグリコールをもう一度

オグリコールをもう一度

深夜メーテレで放映されていました。

Σ(σ。σ*)oガーン

ビデオ忘れた。見逃した!!


メーテレ記事にもありましたが、地方競馬とはなにか?

どこかでJRAというところは強い馬しか見ていない。
強い馬のことだけしか見ていない。
そんな記事をみました。

いかにして強い馬を作り出すか、商品として更に価値のある馬をつくるのが中央競馬なのかもしれません。
力のない馬、運のない馬は残れない世界。

地方競馬というのは、晩生の馬にとってはいい場所なのでしょうね。
ゆっくり時間をかけて馬を育てる。
毎日レースは開催されています。
レースで馬を仕上げる。
そんな調教をしているといった感じでしょうか?

笠松廃止の声を聞いてから、驚くほどの地方競馬に関する本を読みました。
そこにあるのは、中央も地方もなく、ただ競馬がしたい。
どんな場所であっても馬と生きていきたいという情熱。

天下りの場としか考えていない役人の下手な経営のつけを廃止という一言で片付けてしまってもいいのでしょうか?
どこの自治体も、競馬からもらったものはたくさんあります。
それを返そうとは思わないのでしょうか?

笠松にはもう時間がありません。

頭の固すぎる役人に、県庁のサーバーがダウンするほど抗議のメールしないと
どれだけのファンがいるのか、わからないのかもしれませんね。





posted by かれん at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック