2004年10月26日

菊花賞回顧

やりました、武騎手クラッシャー!!
連勝街道走っています。
本当に、100%の確率で、見事に飛ばしてくれます。
ここまでいったら、もうささやきではないでしょうね。

みなさん、やっぱり清のささやき◎は、消し馬の指針としてください。



1着はダンスインザダーク産駒のデルタブルース。
2着、またしてもノリさん!!

自分でノリさんはG1では不動の2着実績者なので、軸にしないと・・・
などと言っておきながら、切ったばちがあたりました(笑)

天皇賞は、ノリさんから総流しの馬連で!!
でもそんなに資金がありませんので、せこくボックスワイドで(笑)

コスモバルク、良い感じで折り合っていました。
あの距離でも無理ではないってこと感じました。
カルストンライトオでも、サイレンススズカでも古馬になって花が開きました。
この調子で、快速逃げ馬バルク君になってほしいものです。


・・・・デルタブルースきっと菊花賞馬でも、ヒシミラクルやファストタテヤマみたいに、地味なG1馬になるんだろうなぁ。。。。人々の夢、公営の馬ではなく、公営園田の騎手岩田康成騎手でした。

JRA所属馬でJRAG1を制したのは史上初で、クラシック制覇も初です。

これからの岩田騎手にも注目です。

毎日競馬している地方騎手!
力は本当にあるんですよ。
潰しにかかっている地方のお役人様方は、こうったことがあって中央も成り立ち盛り上がっていること解ってないだろうなぁ。

アンカツ、コマキが果たせなかった夢を掴んだ岩田騎手、おめでとうございます。





posted by かれん at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック